多賀殿



多賀神社は、札幌護国神社の境内にある社です。 戦後、元官幣大社の多賀大社より御祭神を多 賀殿の大神としてお招きし、お祀り申し上げて おります。 





  御祭神



伊邪那岐大神  伊邪那美大神  相殿奉斎(旧山鼻神社)

天照大御神  大山祗大神  天満宮大神 耳早立雄大神


  大祭日



宵宮祭  毎年 8月7日    例大祭   毎年 8月8日



  御由緒



多賀神社の御祭神は、神代の昔いちばん初めにお顕れになった御夫婦神様で、わが国の国土山川草木をはじめ八百万の神々をお生みになり、最後に天照大御神をお生みなされた神様であります。
国生を終えられた二方の大神は今の滋賀県犬上郡多賀町の杉坂山にお降りにな御鎮座になったと伝えられております。代々の皇室をはじめ昔から多数の人々にお伊様の御親延命長寿夫婦和合、また縁結びの神として尊崇せられる「お多賀様」と馴れ親しまれております。

戦後、護國神社が国の援助の途をとざされ、御英霊をお護りするため昭和24年9月、元官幣大社の多賀大社より御祭神を札幌護國神社多賀殿の大神としてお招きしおまつり申し上げております。

また、山鼻地区をお守りしてきました山鼻神社の御祭神が昭和46年9月に多賀神社の相殿にお守り申し上げております。


  祭事



厄 祓  2月3日(当日以外でも執り行います)
七五三祭  10月15日(当日以外でも執り行います)

神前結婚式  初宮詣  学業祈願  交通安全 家内安全 自動車清祓  其の他


  出張神事



地鎮祭   上棟祭   竣工祭   家祓   出張命日   年祭   神葬祭
など



▲ トップに戻る



札 幌 護 国 神 社 境内社多 賀 神 社
北海道札幌市中央区南十五条西五丁目1−3
TEL 011−511−5421
FAX 011−511−5422

Copyright (c)2013 SapporoGokokuJinnjya All Rights Reserved