ご祈願・出張神事




神社にとって、 祭りとは例祭のような恒例の祭りだけではなく、 みなさんになじみのある
「厄祓」 や 「家内安全」 といった、 いわゆる 「祈願祭」 も大切なお祭りなのです。

札幌護国神社多賀殿では、 さまざまな人生儀礼における祈願祭 ・ご祈祷を申し受けて
おります。
社務所まで直接お越しいただくか、 御電話にてお問い合わせ下さい。

(TEL 011−511−5421 ・ FAX011−511−5422)

  神社で行う祭事



初宮詣 ・ 七五三詣 ・ 成人奉告 ・ 厄祓 ・ 年祝

良縁祈願 ・ 安産祈願 ・ 家内安全

病気平癒 ・ 除災招福 ・ 交通安全

合格祈願 ・ 学業祈願 ・ 事業成就 ・ 商売繁盛

自動車清め祓い など

※札幌護国神社多賀殿では、七五三詣の際に『七五三祝いだいこ』も  行っております。


  出張神事



地鎮祭 ・ 上棟祭 ・ 竣工祭 ・ 新宅祭

家屋取り壊し祭 ・ 開所祭 

年祭 ・ 家祓 ・ 出張命日祭 ・ 神葬祭 など



  御祈願祭の次第




通常の御祈願祭は下記のとおり進められます。


@ < 受付 >

  御祈願祭を御申し込みされた方は、受付にてお名前を御申し出ください。
  御祈願料は、神様にお供えいたしますので、赤熨斗袋を使用し、このと
  きお納め下さい。神饌(しんせん)をお納めの方、玉串料をお納めの方は、
  この時御預かりいたします。受付が済みましたら、係りの者が社殿にご
  案内いたします。

A < お祓い >

  まずはじめに、神職が祓麻(はらえぬさ)という祓具を左右左と振り、お供
  え物をはじめ、祭員、参列者を祓い清めます。


B < 祝詞奏上(のりとそうじょう) >

  神職が神様の御前に進み出て、祝詞を奏上します。祝詞は私たちの感謝や
  願い、誓いの気持ちを神様に届けるための言葉です。


C < 玉串拝礼(たまぐしはいれい) >

  玉串をお供えし、二拝二拍手一拝の作法でお参りします。この時、心の中で
  神様への感謝の念をこめましょう。


D < 授与 >

  御祈願の後で、御神札や御守の授与があります。持ち帰り、家の神棚にお祀
  りします。


※ 神饌(しんせん)

  神様にお供えする食べ物、飲み物のことです。米・酒を始め、海の幸、山の幸
  などを盛りだくさんにお供えし、 食物を与えてくださった神様に感謝するととも
  に、神様をおもてなしするものです。


▲ トップに戻る



札 幌 護 国 神 社 境内社多 賀 神 社
北海道札幌市中央区南十五条西五丁目1−3
TEL 011−511−5421
FAX 011−511−5422

Copyright (c)2013 SapporoGokokuJinnjya All Rights Reserved