ご参拝のしかた



神社に来てはみたけれど、 お参りはどうしたらいいの? という疑問をいだかれる方もいらっしゃるかと存じます。 ここでは、 参拝の方法を簡単にお伝えします。


  お参りの順序



 鳥居【とりい】

神社にお参りする時に、 まず目に入るのは鳥居です。
鳥居は神様がいらっしゃる神聖な場所である事を表しています。
また神社の内と外とを分ける境に建てられ、 境界を示したものともいわれます。
鳥居の前で、 まずは軽くお辞儀をして神様に敬意を表してから進みましょう。

 参道【さんどう】

参道はご社殿へと進む道です。 真ん中を進むと神様と正面に対する事になってしまいます。
私たちが歩く時は、 真ん中を少しずらして歩きましょう。


 手水【てみず】

鳥居をくぐると、参道の脇心をなどに手水舎があります。私たちは、水を穢れを流す清浄なものと考えてきました。
手水は手や口をすすいで身を清めるほかに、 心を清々しく保つためでもあるのです。 正しい作法で身も心も正してからお参りしましょう。



≪〜手水の作法〜≫

 @ 手水鉢の柄杓(ひしゃく)に水を入れ、
  はじめに左手を清めます。

 A 柄杓を左手に持ちかえ、
  右手を清めます。

 B 再び柄杓を右手に持ちかえ、
  左手に水を受けて口をすすぎ、
  もう一度左手を清めます。


 ※当神社では、右の手水舎は水道凍結のため、水道を止めております。どうぞ、ご了承下さい。








 賽銭【さいせん】

神様への感謝の形として、お供え物をする事に賽銭のルーツはあります 。

真心を込めて、 賽銭を納め、 願いを込めるとともに、 日常生活を見守って下さっていることへの感謝の気持ちが大切です。

 お参り【社殿の前で】

最初に姿勢を正して、二度深く(腰を90度に曲げ)お辞儀をしてます。

次に二度拍手をし、最後にもう一度深くお辞儀をします。

神様を敬う真心を表すこの作法は、最も一般的なお参りの作法です。

 

▲ トップに戻る



札 幌 護 国 神 社 境内社多 賀 神 社
北海道札幌市中央区南十五条西五丁目1−3
TEL 011−511−5421
FAX 011−511−5422

Copyright (c)2013 SapporoGokokuJinnjya All Rights Reserved